新座市東北 志木駅ビル歯科

TEL:048-473-2028 10:00~13:00/14:30~19:00

  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・採用情報
  • 医院情報
  • アクセス

歯周病治療

  1. Home>
  2. 歯周病治療

データに基づく精密な歯周病治療を行います

歯周病歯ぐきや歯を支える顎の骨などの歯周組織に炎症を引き起こしていく病気です。
ブラッシングが不十分だと歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに歯垢(プラーク)がたまっていき、その歯垢の中に棲みついた歯周病菌の働きによって歯周病が引き起こされます。

歯周病の初期段階では自覚症状はほとんどなく、歯ぐきの腫れ出血などが起こって歯周病に気づくことが多いようです。
炎症が進むにつれて顎の骨が溶かされていき、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の治療には、早期発見、早期治療がもっとも大切です。
少しでも気になる症状があれば、埼玉県新座市の歯医者「志木駅ビル歯科」までご相談ください。
当院では、位相差顕微鏡による検査やDNA検査から得られるデータに基づいた歯周内科治療にも対応しています。

成人の約8割が歯周病予備軍です

[画像]成人の約8割が歯周病予備軍です

歯を失う一番の原因は、「虫歯」と思っておられる方は多いのではないでしょうか?
実は、日本人の歯を失う原因の第1位は「歯周病」なのです。
日本において、成人の約8割が歯周病にかかっている、または歯周病予備軍であるといわれています。

かつて歯周病は、免疫力が落ちた高齢者がかかりやすい病気と考えられていました。
しかし最近では、20代や30代といった若い世代にも広がりを見せています。
歯周病は、多くの方が気づかないうちにかかっているような、身近でとても怖い病気なのです。

さらに歯周病は、初期症状に気づきにくいという特徴があります。
「歯ぐきの出血や腫れで歯医者に行ったときにはかなり進行していた」といったケースも多いのです。
歯周病は虫歯と同じく予防が可能ですので、日ごろから意識して正しいケアと早めの治療を心がけましょう。

今すぐ歯周病リスクのチェック

歯周病対策としては、早期発見が何より大切です。
次の項目にひとつでも当てはまるものがあれば、歯周病のリスクが高いといえます。
今すぐチェックしてみましょう。

当てはまるものがない場合でも安心せず、定期的に歯科医院でチェックを受けることをオススメします。
何度も繰り返しになりますが、早めの発見が大切なのです。

歯周病の症状と治療

歯周病には軽度の段階の歯周炎から、歯が抜け落ちてしまう重度の段階まであります。
歯周病治療では現在の症状をしっかり確認し、進行段階に合わせて処置することが大切です。
徐々に進行していきますので、痛みがなくても放置しておくことのないようにしましょう。

軽度の歯周病(歯周炎)

[画像]軽度の歯周病(歯周炎)

歯ぐきに軽く炎症が起き、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが少し深くなっている状態です。
ブラッシングすると出血することがありますが、痛みはまだありません。

ブラッシング指導

[画像]ブラッシング指導

歯周病の治療・予防の基本は、毎日の正しいブラッシングです。
一人ひとりのお口の状態に合った、効果的なブラッシング方法を指導します。
歯科医院での指導に合わせて丁寧にブラッシングすることで、症状は改善されます。

スケーリング

[画像]スケーリング

歯周病菌は、歯垢や歯石に棲みついています。
「スケーラー」という器具を使って、毎日のブラッシングだけでは落とし切れない歯垢や歯石を丁寧に取り除いていきます。

中等度の歯周病(歯周炎)

[画像]中等度の歯周病(歯周炎)

歯周ポケットがより深くなり、歯ぐきの腫れが増して出血が見られるようになります。
この段階になって自覚症状を感じる方も多いようです。
歯がグラグラして浮く感じがしたり、口臭が気になりはじめたりします。

ルートプレーニング

[画像]ルートプレーニング01[画像]ルートプレーニング02[画像]ルートプレーニング03[画像]ルートプレーニング04

「スケーリング」では落とし切れない歯周ポケットの奥に入り込んだ歯垢や歯石を、「キュレット」という器具を使って取り除きます。
最後に歯の表面を滑らかに磨き上げ、汚れが再付着するのを防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)

[画像]歯周ポケット掻爬(そうは)01[画像]歯周ポケット掻爬(そうは)02[画像]歯周ポケット掻爬(そうは)03[画像]歯周ポケット掻爬(そうは)04

歯周病菌は、歯垢や歯石に棲みついています。
「スケーラー」という器具を使って、毎日のブラッシングだけでは落とし切れない歯垢や歯石を丁寧に取り除いていきます。

重度の歯周病

[画像]重度の歯周病

歯ぐきが下がってきて、歯を支える顎の骨が半分以上溶かされ、歯は大きくグラついてしまいます。
痛みや口臭も強くなり、放置しておくと歯が抜け落ちてしまうこともあります。

GTR法

[画像]GTR法

失われてしまった歯周組織を再生させるための治療です。
歯ぐきを切開し、歯ぐきを再生したい部分に「メンブレン」という特殊な膜を入れてスペースを確保して、歯周組織が再生するのを待ちます。
治療後にメンブレンを取り除きます。

フラップ手術

[画像]フラップ手術01[画像]フラップ手術02[画像]フラップ手術03[画像]フラップ手術04

局所麻酔をしたうえで歯ぐきを切り開き、歯周ポケットの奥深い部位にこびりついた歯垢や歯石、感染した歯周組織を取り除きます。
最後に歯ぐきを縫い合わせて終了です。

歯周内科治療

[画像]歯周内科治療

歯周病の治療法は、基本的には歯垢や歯石の除去とブラッシング指導です。
ところがきちんとブラッシングを行い、適切な治療を施しても、歯ぐきの腫れや出血が治まらず、最終的に歯を失ってしまう場合もあります。

そこで最近注目されているのが、薬によって歯周病を治療する「歯周内科治療」です。
当院の歯周内科治療では、最初に位相差顕微鏡によって口腔内の歯周病菌の存在を正確に把握してさらにDNA検査をしてから処置を行っています。

DNA検査によって、正確で精密な治療を実現

[画像]DNA検査によって、正確で精密な治療を実現

これまでの歯周内科治療では、位相差顕微鏡を使って歯周病の原因となる歯周病菌を調べ、菌の大まかな減少を指標として治療を行ってきました。
当院の歯周内科治療では、DNA検査も利用して、より精密な治療を行っています。

歯周病菌のDNA検査では、顕微鏡で発見できないような、より小さな歯周病原因菌の菌数まで特定が可能です。
正確な数値を測定することによって、より確かな治療を可能にしているのです。
なお、DNA検査は「Microexam」という信頼できる検査施設で行っております。

歯周内科治療のポイント

原因をしっかり突き止めてから、その原因菌を除去するのに有効な薬剤を処方します。
細菌を除去してから、カビ除去作用のある歯磨き剤によるブラッシング。
さらに除菌後の歯石除去によって、歯周病が再発しないようにします。

歯周内科治療によって患者さまの身体にかかる負担を減らすことが可能です。
歯周内科治療をご希望される場合は、お気軽にご相談ください。

なお、歯周病菌は回し飲みやキスなどによって、人から人に感染することがあります。
治療後も定期的に検査を受け、再感染していないかチェックするようにしましょう。

歯周病治療動画
Before After
Before After
Before After
Before After

ページトップ

医院からのお知らせ

診療時間

  • 埼玉県新座市|診療予約|志木駅ビル歯科
  • デンタルローン

35.8225323,139.57527860000005

志木駅ビル歯科

35.8225323,139.57527860000005